HOME>注目記事>注目されている理由とどれぐらいの費用がかかるのかを知る

うまく利用すればとても便利

電卓と家

東京都の西東京市では、様々な不動産の売買や賃貸が行われています。この場合自分自身で取引きをするのは非常に難しいため、間に不動産会社を入れる必要があります。例えば賃貸住宅について見ていくと、不動産会社の情報に頼らなければ、通常賃貸物件を探すのは難しいでしょう。そのような意味において不動産会社はとても重要になるのは言うまでもありません。それに加えて不動産会社が間に入ってくることで、素人にはなかなか難しい書類の作成などを全部任せることができます。このような意味においても、不動産会社を利用する意味は大きいといえます。特に忙しい人にとっては、とてもありがたい存在になるでしょう。

賃貸物件にかかる費用

住宅模型

西東京市で不動産会社を利用する場合一体どれぐらいの費用がかかるでしょうか。これに関しては、賃貸物件と一戸建てやマンションの購入によって大きく違いがあります。賃貸物件を借りる場合には、通常不動産会社を利用することになるものの、家賃の1か月分ぐらいが不動産会社に払う仲介手数料といえるでしょう。賃料が高ければ高いほど、その分だけ仲介手数料が高くなる仕組みです。不動産会社によってそれほど大きな違いは出てきません。ただ最近はマンスリーマンションなども流行しており、そのようなところは比較的安く借りることが可能です。

一戸建て住宅やマンションの場合

家族

同じ西東京市でも、賃貸物件を借りるのではなく一戸建てやマンション購入する場合には、6ケタ以上のお金になることがほとんどです。通常その時不動産会社に支払う仲介手数料は、物件価格の3パーセント程度と決まっています。法律上3パーセントと\60000を加えた金額以上にしてはいけないとされていますので、極端に高くなることはりません。やはり賃貸の時と同じように、物件の価格によって仲介手数料が異なるわけです。ただ中には2パーセントの仲介手数料にしているようなところもありますので、そのようなところを見つければよい取引きをすることが可能になるでしょう。